出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです(最近この始まりばかりな気がします)。

仕事が忙しく、製作は少しづつやっているのですがブログのほうまで手が回りません。

今製作しているのはコレです。


mclaren_f1_box.jpg
モデラーズ Gulf McLaren F1 GTR

完成した暁には、kwn的模型工房さんが開催している「マクラーレンF1祭」へ参加させていただこうかと思っております。

初めてのレジンキットですので完成させることができるか自信がありません。
今年中にできればいいかな…ぐらいで気負わずに行きたいと思います。

では、パーツを見ていきましょう。


mclaren_f1_body.jpg
まずは、ボディとシャシー
一部かけているところがありますが、こんなものでしょう。
シャシーはちょっとソリ気味ですが、ビス締めなので大丈夫かな。


mclaren_f1_w_stay.jpg
(おそらく)ステンレス製のリアウィングステーが埋め込まれています。
製作のときに引っ掛けそうですが、垂直がきちんと出ているのでその点はありがたかったり。


mclaren_f1_fender.jpg
ここは実車では抜けているところです。
抜けているとかっこいいですが、デカール処理で済まそうか迷ってます。


今回はここまで。
他のパーツは次回に見ていきましょう。
スポンサーサイト

【2012/06/11 21:09】 | モデラーズ McLaren F1 GTR
トラックバック(0) |
前回に続き、パーツを見ていきましょう。

mclaren_f1_parts.jpg
残りの車体関係のパーツ
Studio27の製品はメタルで成形されているようですが、モデラーズは全てレジンです。
メタルよりは加工しやすいのでしょうか?
ざっと見たところ、ホイールはガタガタで欠けなどがかなりあります。ホイールだけでもメタルにしてほしかった。
プラモで同等のホイールがあれば、換装したいところです。


mclaren_f1_tyre.jpg
タイヤとクリアパーツ(見にくくてすみません)
タイヤはゴムではなく樹脂っぽいです。ホイールにキチンとはまるか不安です。
あと、一番作業上の不安がある窓パーツ。うまく切り出しできるか自信がありません。


mclaren_f1_clear_parts.jpg
ライトなどのクリアパーツ
茶色っぽく変色しています。コンパウンドで磨いて落ちればよいのですが。


mclaren_f1_etching.jpg
エッチングと車軸、ビス
エッチングはちょっと厚めです。


mclaren_f1_decal.jpg
デカール、95年の紺銀のガルフカラーです。
でも、このカラーリングで作るかは未定です。


mclaren_f1_torisetu.jpg
取り説
紙1枚です。
プラモデルを作れる人であれば組み立てで難しいところはないので、これで十分かと思います。

それでは、次回から製作していきましょう。
まずは、レジンキットの儀式の離型剤落としからですね。

【2012/06/12 21:06】 | モデラーズ McLaren F1 GTR
トラックバック(0) |
レジンキット製作の儀式、離型剤を落とします。

(特に珍しいことはしてないので、なんの面白みのない記事です)


resin_wash.jpg
4,5年前になぜか買っていたガイアノーツのレジンウォッシュを使います。


mclaren_wash1.jpg
タッパへレジンウォッシュを入れ、キットを漬けます。
量がぜんぜん足りないので、裏表2回に分けて15分ほど漬け置き。


mclaren_wash2.jpg
あまり密閉性のよい容器ではないので有機溶剤臭防止のためラップでグルグル巻きに。

初レジンキットということで、この作業だけで離型剤が落ちているのか不安だったので、念のためクリームクレンザーのジフと歯ブラシでゴシゴシ、その後JOY君で洗浄しました。

次回は開口部の抜きなどを加工していきます。

【2012/06/17 20:05】 | モデラーズ McLaren F1 GTR
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。