出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロンソコレクションの記事の写真にも写ってますが、eBayにて購入したレベルのR23。

薄めのダンボールを開梱すると、こんな状態でした。イギリスからの便です。

ebay_r23_1.jpg


ebay_r23_2.jpg


激しくつぶれています
中身のほうはといいますと...


ebay_r23_3.jpg
ボディ


ebay_r23_4.jpg
各パーツ


ebay_r23_7.jpg
デカール


全てのパーツを確認しましたが、破損や変形もなく全然OKでした。
デカールもキレイな状態。

海外オークションは、このようにギャンブル要素が多分にありますが、円高の今送料を合わせてもかなりお安く買うことが出来ます(円高以前でも海外キットは送料含めても国内で買うよりもかなりお得でした)。


安易にお勧めはしませんが、国内で入手困難なキットの購入方法の選択肢のひとつとして考慮してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

【2011/12/11 21:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
新しくなったクレオスのメッキシルバーを試してみます。

うまくいきまいしたらレベルのマクラーレンMP4-25の製作で使おうかと思います。
(いつ製作するかわかりませんが)

使ったプラ片は、ダイソーでかった園芸で何の種を植えたか書いておくための名札です。
新しく買った塗料はいつもこのプラ片に塗装して、色見本を作成するようにしています。

プラ片にFOKのブラックを塗装し、乾燥後タミヤエナメルクリアをたっぷりめに吹きました
この塗装方法は、模型電動士さんのやりかたをまねしてみました。

模型電動士さんは12時間後にメッキシルバーNextを塗装していますが、私は時間のタイミングの関係で20時間後に塗装となりました。

使用したエアブラシは、クレオス プロコンBOY WA(0.3)、でニードルカバーを取外し
コンプレッサーは、エアテックス APC002、レギュレタで0.05Mpaに減圧

ワークから20cmぐらい離し、極薄くじっくり塗装しました。


mekki_silver1.jpg


mekki_silver2.jpg

結果は上記写真のように、とてもすばらしいものです(写真は撮りっぱなし、無加工です)。
写真は写りの良いカットを選択しました。正面から塗装面を見るとこの写真よりちょっとぼんやりした感じです。

それでも塗装でここまでのメッキ感がでるとは驚きです。
しかもプラ片は何の下地処理もしてません。

製作中のバイクのエキパイにも吹きましたが、焼け表現をするのが勿体無いくらいのメッキになりました。
エキパイはぐにゃぐにゃしているので、よりメッキ感が引き立ちます。

これはすばらしい塗料です。

お次は上掛けクリアのテスト。
これが一番大変です。

【2011/12/10 14:41】 | ツール・マテリアル
トラックバック(0) |
ferrari_f10_18bw.jpg

2台目(実際はアウディが2台なので3台目)のレベルのキットですが、最新のものということもあって作りやすかったですね。
(ウデが無いもので)ほとんど手を加えてはいませんが、出来上がるとかなりかっこいいです。

塗装は、タミヤのF60用の塗料をスプレーから出し、エアブラシで塗装。
クリアはガイアノーツExクリア、欲を出して失敗もあり結局研ぎ出ししました。

出来るだけ塗り分けせずに、出来が良いと評判のデカールを使用・堪能しました。
サイズピッタリ・余白もほとんど無く、本当にすばらしいデカールでした。


それと最近気づいたのですが排気管はボディからこんなに飛び出てないですよね。
これじゃレギュレーション違反です。
でも模型映えするのでこのままでいきます。


今回は、初めてアロンソのフィギア?フィギュア?を追加してみました。
まぁ、レース後パルクフェルメという設定なのですが「車はピカピカ、レーシングスーツもまっさら」とちぐはぐな情景ではありますが、自分ではかなり雰囲気が良くなったのではないかと思います。
GFmodelsには、まだまだいろんなドライバーやポーズの人形があるので、機会があればまたやってみようと思っています。
(ちょっとお高いんで、気軽に追加出来ないのが残念です)


<残念ポイント>
F10のウィンドウシールドがありません。撮影前にはあったのですが...。
それと写真の選別中に気付いたのですが、アロンソの左手の人差し指が折れてしまってました。
製作中も折れるんじゃないかと気をつけて製作していたのですが、撮影中一度倒れたときに折れたようです orz

かなりショックで写真公開もやめようかと思いました、せっかく作ったのでお披露目します。

シールドと指は後ほど直しておきます。


ギャラリーはこちらです
Picasaアルバム - Ferrari F10&F.Alonso

製作記はこちら
製作記 - レベル Ferrari F10

【2011/12/06 17:17】 | ギャラリー
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。