出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では、ボディを加工していきます…といきたいところですが、すでに加工済みです。
加工中は切削粉まみれなので加工中の写真は無しです。

mclaren_kakou.jpg
まずは全体です。

では、詳しく見ていきましょう。


mclaren_kakou_rear.jpg
リアまわり
8箇所の長丸部分を抜いて、裏も薄くしました。
加減がわからずペラペラになってしまったので、裏から薄いプラ板を貼って補強しました。

最初はリアランプの間の大きい長方形部分もメッシュが入ると思って抜いたのですが、このモデルではその部分が格子で車内が丸見えになってしまうので、プラ板で塞ぎました。
せっかく抜いたのに、少し回り道をしてしまいました。


mclaren_kakou_eroom.jpg
エンジンルームの部分
実車の写真が見つけられなかったのでどうなっているのか不明だったので、5mmほど掘り込みました。
で、100均のメタルを仮で埋めてみました(縁がガタガタです、後でやり直します)。
その横の4箇所の長丸も抜きました。


mclaren_kakou_bonnet1.jpg
ボンネット部分
この部分は薄い隙間が開いてるので思い切って削り取りました。
その後、薄いプラ板で、その部分を作り直し。


mclaren_kakou_bonnet2.jpg
前から見るとこんな感じです。

長くなったので、記事を分けます。
続きは次回で。

【2012/06/24 10:10】 | モデラーズ McLaren F1 GTR
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。