出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加工部分の続きです。

ドア前部分です。

「MCMコンペカーをつくろう」のn-hirobeさんもkwnさんもボディの内側を削って薄くしていました。
はじめてのルータ加工でモータヘッド部分をボディ内でうまくハンドリングできないことと、またお二方と同じことをしても製作記としておもしろくないので、私は外側を削り取っていきます。


mclaren_kakou_side.jpg
1時間ほど格闘した結果、こうなりました。
まだ荒いですが、プラ板で製作予定のパネルで隠れるのでこんな感じでOKかと。


mclaren_kakou_side2.jpg
プラ板でパネルを再生
この部分を別パーツとすることで、塗装もし易くなり自分的には一石二鳥です。


mclaren_kakou_side_kakunin.jpg
後ろ側から覗いてみましょう。
やっぱり抜けてるといい感じですね。


mclaren_kakou_all.jpg
すべてのパーツを装着しての全体図


お次は、一番の懸念材料のクリアパーツのフィッティングをしましょう。

【2012/06/30 15:38】 | モデラーズ McLaren F1 GTR
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。