出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン組み立ての続きです。
塗装は前回ほとんど終わっているので、今回は組み立てとパイピングです。

P1030152s.jpg
この部品…正式名称はわかりませんが、接着シロがほとんどありません(真ん中下の2本の突起部分が接着シロ)。
この部品には4本の配線と2本の半田線による配管が付きますのでガッチリ固定したいところです。

P1030153s.jpg
そこで、2本の真鍮線で足を生やします。

P1030155s.jpg
エンジン側にも穴を開けます。

P1030159s.jpg
うまく入りました。接着せずともガッチリ固定できます。

P1030160s.jpg
極小のコネクタも同様にエンジンに付く側は真鍮線を入れ、固定するようにします。
意外とパイピングの電線やビニールパイプの弾性は強く、コネクタの接着が甘いとその力でもっていかれることが結構あります。

P1030167s.jpg
ほぼ完成です。
一番難しかったのはホースバンドでした。
直径1mm程度にクルッと丸めるのですが、うまく丸まってくれず何個か無駄にしました。
皆さんどうやって作っているのでしょうか?

P1030170s.jpg

P1030174s.jpg
アップにすると粗が目立ちます。もっとうまくなりたいですね。

この後、サッとスミ入れをしてエンジンは完成とします。

次回は、フレームかハンドル周りの予定です。

【2009/11/02 22:58】 | タミヤ YZR-M1スパイダーマン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。