出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はデカール貼りの続きを書く予定でしたがあまり進まなかったため、自分がバイク模型を飾るときの台座の製作について書いていきます。

P5290523s.jpg
いつも使っているのはこのダイソーのケースです。
透明度はあまり高くありませんがホコリよけには十分です。
なんたって200円ですから。

また、タミヤのレーサーを収めるのに大きさがちょうど良いです。
ちょうど良いって言うかぴったりすぎです。


P5290524s.jpg
台座に穴を空けます。
4角は、化粧ねじのためM4のタップを立てます。
また、タイヤの位置にあわせてφ2の穴を開けます。


P5290527s.jpg
アクリル板
これもダイソーで購入。板厚は忘れました。2tぐらいだったかな?
台座と同様穴を開けます。こちらは4角はφ4.5のバカ穴です。


P5290535s.jpg
台座に入れる画像を印刷します。
これもダイソーの裏がシールになっている光沢紙です。
今回は2個分印刷しました。


P5290536s.jpg
カットして台座に貼り付けます。
今回初めて裏がシールの用紙を使用したのですが、次の工程のアクリル取り付け時に紙が動かなくなってGOODです。


P5290539s.jpg
上からアクリル板でカバーします。
このときアクリル板が帯電していてホコリがよってきますので細心の注意を払い組み立てます。


P5290541s.jpg
バイクモデルは固定が難しいです。
私は、固定にはこのビニールコードを使用しています。
ほどほどの伸びと摩擦で、縛った後でコードが緩んでこないので使い勝手が良いです。


P5290546s.jpg
一番緊張する瞬間。
落下させたら…と思うとゾッとします。
2,3回ダンゴ結びをしてあまったコードをカットします。


P5290548s.jpg
完成です。
私の残念な作品でもケースに入れるとそれなりに見栄えがします。


カウルが無いということで、マスクを外した(外された)スパイダーマンの画像を使用したのですが判りづらいっすね。

【2010/05/29 23:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。