出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F2007ですが、どのように製作を進めていこうか決めたいと思います。

1.ライコネン車
2.マルボロなし
3.ボディーカラーはメタリックではなくソリッドの赤
4.カーボンデカールは極力使用しない
5.砥ぎ出ししづらそうなので、デカールの段差消しをして北澤氏のオーバーコート法(シャビシャビクリア)
6.カウル固定

3については、フィニッシャーズのルミレッドを使ってみたいのでです。

4は、まぁ手抜きですね。

5は研ぎ出す自信が無いからです。

6のカウル固定ですが、そうすると必然的にサスペンションは後嵌め加工となります。
フロント当然後嵌めですが、リアはプッシュロッドがちと難しそう。

10034098048s.jpg
で、こんな画像が出てきたので

P6020565s.jpg
リアはこの青線でカットしてこの部分を上のカウルに接着。
そうするとリアサスを後嵌めしなくても良くなります。
カウルの分割が実車とは微妙にちがうのですが、私はあまりこだわりません。

ということで、リアサスペンションは後嵌め無しでいきます。

このカウルは絞り込まれる格好になるわけですが、リアウィングを取り外せるようにしておけば後ろから滑り込ませるように装着できるのではないかと思っていますが
どうなることやら、失敗したら笑ってください。

P6020567s.jpg
本日は、カウルの下地処理です。
バリとエッジのカエリを均し、スジボリをBMCタガネ0.15で深くしました。
また、ファスナーの凸を削り、0.4の穴を開けときました。

【2010/06/02 22:58】 | フジミ Ferrari F2007
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。