出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はまず、前回エンジンカウルへ移植した部分の下地処理をしました。

そしてもう一度カウルを合わせてみます。

P6040583s.jpg
予想通りかなり隙間が空いてます。

今回はこの部分の修正をします。
隙間をパテで埋めようと思うのですが、エンジンカウルのほうは装着時に煽られるため今回は下側のカウルへパテを盛ることにします。


P6040584s.jpg
パテをつけたくない部分へマスキングゾルを塗っておきます。

P6040586s.jpg
ポリパテを盛り付けて

P6040589s.jpg
そのままエンジンカウルを合わせてパテをムニューっと。
しばらくパテの硬化を待ちます。

次回は、この部分の修正とリアウィング周辺の加工をする予定です。

【2010/06/05 22:32】 | フジミ Ferrari F2007
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。