出戻りモデラー。研ぎ出し苦手なんで無しの方向で
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回からモノコックの加工をします。

まずはサスペンションの後はめ加工から

P6060608s.jpg
まず、5mm角ぐらいのブロックを切り出します。
手持ちに角プラ棒がなかったため、ジャンクパーツから作りました。


P6060611s.jpg
切り出したブロックをサスペンションの通る切り欠きに合わせて接着します。
気持ちキツメ方向に接着しておきます。


P6060614s.jpg
両輪のアップライトを接続するタイロッド?の通る穴は実車にはないのでプラ板とパテで塞いでおきます。
ついでに、初期型には存在しないブレード状のエアロパーツを取り付けるダボもパテで埋めておきます。

ソリッド赤の初期型で製作する予定ですが、エンジンカウルの背びれはうまく加工する自信が無いのでそのままです。
完全に前後期ちゃんぽんマシンです。


P6060616s.jpg
ロアアーム部分は複雑なうねりがあるのでパテを使用します。

アームにマスキングゾルを塗ってパテを盛って、しばらく硬化を待ちます。


P6060617s.jpg
そしてアームのセンターで切断します。

P6060623s.jpg
ロアアームのはめ込み部分は微妙なRがついているので若干きつめですが、アッパー・ロアともかっちり取り付けが出来るようになりました。

次もモノコックの続きをします。

【2010/06/08 22:15】 | フジミ Ferrari F2007
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。